誰しもが一度は持ちたいと思う そんな高級腕時計をご紹介します

高級腕時計は世界共通のステータスであり、特に腕時計を趣味とする憧れのアイテムの1つでもあります。国内外に様々な高級腕時計のブランドがありますが、いずれも古い歴史を持ちながら現代もなお最先端の技術を開発し続けてプロの現場で活躍する信頼性の高い時計として用いられています。高級腕時計の中でも特にステータスの高いものは、時計の見栄えが良いだけでなく実用性にも優れているものです。宇宙開発のような国家事業の現場から、オリンピック等の世界的競技の舞台まで高級腕時計の技術が今現在も使われており、時計の信頼性とステータスとをより一層増しているものです。ここでは、有名な高級腕時計の中でも特に、誰しもが一度は持ちたいと思う人気の高い時計を厳選して紹介していきます。

時計の王様と呼ばれる世界的高級腕時計メーカー、ロレックス

ロレックスは時計の王様とも呼ばれる、世界的に有名な高級腕時計ブランドです。ロレックスの歴史は腕時計の革新の歴史です。携帯式時計として懐中時計が主流だった頃、創業から間もい頃に腕時計の性能を高める完全防水性を獲得し、腕時計として初めてクロノメーターに認可される技術力の高さを発揮していました。特に1927年の10月に、イギリス人女性メルセデス・グライツがドーバー海峡をロレックスを付けたまま横断しきった事、ロレックスが何の問題もなく動き続けていた事はロレックスと腕時計の性能を世に知らしめる大きな契機となりました。完全防水を実現したオイスターケースや現代の自動巻きのルーツとなったパーペチュアル機構、一瞬でカレンダーの表示が変わるデイトジャスト等の技術は現代の高級腕時計に大きな影響を与え続けているものです。腕時計の黎明期から現代に至るまで、高級腕時計をリードしてきたトップブランドの1つと言えます。

人類史上初の月面着陸と共にあった、オメガの高級腕時計

オメガは技術力の高さで知られる世界的に有名な高級腕時計ブランドです。設立はロレックスよりも半世紀程早く、19世紀半ばに遡る歴史の古いブランドです。腕時計に関わる功績の大きさはロレックスに負けず劣らず大きなものがあり、特に世界で初めて時計を工場生産の形で行って人々の手の届く価格で販売した事は、腕時計の普及に決定的な役割を果たしたと言えます。オメガの技術力の高さを示す逸話として、アメリカのNASAを始め世界の宇宙機関で宇宙飛行士の公式装備品として認められている事があげられます。NASAで装備品のテストを行った際、唯一オメガだけが厳しいテストをクリアした事や、人類史上初の月面着陸時に宇宙飛行士と共にあった時計である事も伝説的な偉業として語り継がれています。また、オリンピックでのタイムキーパーを勤め続けている事でも有名で、2016年のリオオリンピックでもカウントダウンと公式時計の担当をしました。